ラヴィット!』(英: LOVE it!)は、TBS系列で2021年3月29日から毎週月曜日 - 金曜日の8:00 - 9:55(JST)に生放送されている朝の帯番組・情報バラエティ番組である。 2019年9月30日から1年半にわたって放送された『グッとラック
36キロバイト (4,139 語) - 2021年4月17日 (土) 07:46



(出典 img.news.goo.ne.jp)


芸人がまず多すぎwwww

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/04/19(月) 08:28:17.41

4/19(月) 8:02
FRIDAY

テレビマンが見た『ラヴィット!』苦戦の「5つのポイント」
本誌は2月半ば、『ラヴィット!』MCに抜擢された『麒麟』の川島明を直撃。人柄も柔らかく、丁寧に取材に応じてくれた 『FRIDAY』2021年3月12日号より
TBSの朝の新番組『ラヴィット!』が苦戦しているという。「低視聴率」「不評」などと論評する記事を連日のように目にする。

しかし、筆者の経験上、帯番組は立ち上がってから安定するまでにはしばらく時間がかかるものなので、評価するにはまだ早すぎる。それに世帯視聴率の数字だけを見てどうこう言うのは、個人視聴率が指標となっているこのご時世に若干的外れだと言わざるを得ない。

日本のテレビの悪い点のひとつは「横並びで同じような番組しか編成されないこと」だと思う。朝であれば各局ワイドショーばかりを放送しているから、ワイドショーに興味のない視聴者には選択肢があまりない。そんな中むしろ「日本でいちばん明るい朝番組」を標榜し、脱ワイドショーを目指す『ラヴィット!』の試みは素晴らしいのではないか。

そこで今回は、ニュース・情報系の番組を30年近くにわたって制作した経験を持ち、朝の同時間帯の番組制作経験もある筆者が、制作者目線からあえて厳しめに『ラヴィット!』の演出について気になる5つのポイントを指摘し、さらに一層の飛躍を勝手に応援したいと思う。

◆① コンセプトが「ステマ」に見られたら残念

まず番組を見ていちばん気になるのは、「企業・店舗まとめ」での特集が多いこと。言ってみれば土曜日に放送中のTBSの人気番組『王様のブランチ』と同じような目線で「人気の店舗や企業の商品」をランキング形式などで紹介するのがメインとなっている。

実際にお買い物に行けばひとつの店舗で各フロアを見て回るわけだから、店舗まとめの特集にはそれなりの意義があるとも言えるが、各社の商品を比較しないことにより宣伝っぽさがどうしても出てしまう。

ウェブの世界では情報発信の見返りに報酬を得る「ステマ」は非常に嫌われるので、このコンセプトがターゲットとする若い女性視聴者に「ステマなのでは」と捉えられる危険がは高いのではないか。一旦「ステマ認定」されてしまえば「朝からなぜ2時間も企業CMを見せられなければならないのか」ということになってしまいかねず、残念だ。

◆② 朝番組なのにテイストが「週末か夜」っぽい

ステマっぽく見られる危険性がありながらも『王様のブランチ』がなぜ人気を保っているかというと、「放送時間が土曜日のお昼頃だから」と言っていいだろう。週末の遅く起きた朝にはファッションなど流行のお買い物情報をボーッと見て、休みにどこに行き、何をするかというのを考えるのが視聴者の自然な「気分」だと思う。

しかし平日の朝、世の女性たちは家事や仕事の準備で忙しい。「どんな服や嗜好品を買おうか」とゆっくり考える気分になれるだろうか。平日の朝の生活情報はもっと「平日に適した実用的なものをコンパクトに伝える」ようにしないとなかなか見る気が起こらないのではないかと心配になる。

◆③ VTRが長すぎて、生放送である意味があまりない

私は朝の番組は「その日誰かに会ったときに話す話題を教えてくれる」というのが大切な役割だと思っている。1日の始まりに、忙しい中でインプットしたい情報は「職場や仲間うちの話題についていくための“今”の情報」つまり「会話の輪の中に入るために必要な情報」だと思うからだ。

そういう視点で見ると『ラヴィット!』のVTRは長すぎて、きちんと作り込まれすぎている。つまり、あまり“今の情報”と感じられないし、生放送でやる意味が薄いのだ。印象としても抑揚がなく落ち着いた印象となってしまう。

全文はソース元で

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f0ab69862e28ef03ef7cd3b0b048275041332e45


【【芸能】ラヴィット!低視聴率続くww原因はwwww】の続きを読む


草彅 (くさなぎ つよし、1974年〈昭和49年〉7月9日 - )は、日本の俳優、声優、歌手、司会者、YouTuber。男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。愛媛県生まれ、埼玉県出身 の春日部市育ち。名字の「」は日本の国字および特殊文字。株式会社CULEN所属。
181キロバイト (27,357 語) - 2021年4月12日 (月) 22:52



(出典 i.ytimg.com)


優秀な方ですねwwww

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/04/06(火) 10:25:19.61

4/6(火) 6:00
J-CASTニュース

草彅剛、30年前の「後悔」明* 埼玉→都内に進学も...「地元の学校行けばよかった」
草彅剛さん(2020年撮影)
 「新しい地図」の草彅剛さんが、ネットで流れる自身の噂について言及した。

 草彅さんは2021年4月3日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「2歳の時に家の20段の階段で転んで頭から転落」「レオタードが嫌で体操部をすぐに退部」など、ネット上でまことしやかに囁かれる噂について一つ一つ解説を行った。

■無遅刻無欠席だった高校時代

 草彅さんが自らの噂を解説する企画はこれで2回目。今回は、自身の幼少期や学生時代についての都市伝説を検証していった。

 そんな中「高校時代2時間かけて通学、3年間無欠席」という噂について話した草彅さんは、自身が埼玉県春日部市から東京都中野区に位置する堀越高等学校に通っていたと告白。

 「30年前ね...マジで?」と早すぎる時の流れにショックを受けながらも「通学にすごい時間かかったの。電車に乗って、歩いてる時間含めたら2時間以上かな。でも3年間無遅刻無欠席、堀越賞をもらったの」と、この噂を「本当」だと断定した。

 草彅さんは当時、所謂時間の融通が効く「芸能コース」に入っていたが、個人的な仕事があまりなく、普通に登校が出来てしまったのだそう。彼としては高校生活もあるが芸能活動も忙しくなり「すみません、今日早引きさせていただきます」「仕事があって学校来るの遅れちゃって」というシチュエーションを夢見ていたが、一般の高校生と変わらない毎日を過ごしていたそうだ。そんな高校時代について、草彅さんは「地元の高校行けばよかった」と振り返っていた。
「往復4時間くらい時間を無駄にしている...」

 しかし、ここでネックとなるのが「仕事がないのにわざわざ2時間かけて堀越学園に通学する」という事実。地元の友達は家から近い高校を選びエンジョイしているにも関わらず、自分ときたら「往復4時間くらい時間を無駄にしている...」と思ってしまう時期もあったと話している。

 続いて草彅さんは「そこでなんか爪痕残そうと思ったのかな」と、往復4時間通学を逆手に取り「無駄なことをやっているすごさ」を考えることにしたと回想。周りからも「春日部なのに、芸能人なのに、普通に(高校)来てるの?」と思われていたに違いないとして、そこから「忍耐力」「達成感」を得たと説明。さらに、この経験を糧に「(自分は)乗り越える力を持ってる」と思えるようになったのではないかと熱弁していた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/00c1c152151d5381660941e7d42bbe99163b8ef2


【【芸能】草彅剛幼少期からの過去を振り返るwwwww】の続きを読む


小池都知事から東京来ないでレベルアップw4県に“まん延防止”決定www

東京来ないでは無理だろwwww

NO.9406156 2021/04/17 22:05
小池都知事「可能な限り東京来ないで」 4県に“まん延防止”決定
小池都知事「可能な限り東京来ないで」 4県に“まん延防止”決定
16日、あらためて「東京に来ないで」と呼びかけた小池都知事。

さらに、ほかの首都圏の3知事とともに、都や県を越える移動の自粛を求めた。

加藤官房長官「期間、区域を限って実効性のある対策を講じていく」

政府は16日、まん延防止等重点措置の適用対象に埼玉県、神奈川県、千葉県、愛知県を追加することを正式に決定した。

首都圏で今回、新たに追加される重点措置の対象区域は、神奈川県は横浜市、川崎市、相模原市。

埼玉県はさいたま市と川口市。

千葉県は市川市、浦安市、船橋市、松戸市、柏市。

1都3県の知事は、16日夜のオンライン会議で共同メッセージを取りまとめ、「都や県の境を越える移動は、生活に必要な場合に限り、特に変異株が拡大している地域への往来は控える」ことなどを都民・県民に呼びかけた。

千葉県・熊谷知事「経営者の方々や管理職の方々に強く訴えていくことが必要。働いている方々は常に感染リスクにさらされながら通勤している」

これに先立ち、東京都の小池知事は、経団連の古賀審議員会議長とオンラインで会談し、「東京には来ないで」と経済界にあらためて求めた。

東京都・小池知事「都外にお住まいの皆さま方には、この間、エッセンシャルワーカーなど、どうしても出勤が必要な方以外は、通勤も含めて可能な限り東京にはお越しにならないで」

そのうえで小池知事は、テレワークの実施やゴールデンウイーク中の平日には有給取得を推奨することなどを求めた。

一方、政府分科会の尾身会長は...。

政府分科会・尾身会長「地域との往来、これも大事だが、東京の中で今、接触の機会..

【日時】2021年04月17日 01:01
【ソース】FNN


【『速報』小池都知事密から東京来ないでにレベルアップw4県に“まん延防止”決定www】の続きを読む

このページのトップヘ