“ハナコ×四千頭身=ハナ頭身、夏の思い出に合同ライブ”. お笑いナタリー. ナターシャ (2018年5月11日). 2021年3月12日閲覧。 四千頭身|ワタナベエンターテインメント YonTube(四千頭身公式チャンネル) - YouTubeチャンネル 都築 拓紀 つづきひろき 四千頭身 (@tzk0320)
59キロバイト (7,553 語) - 2021年9月13日 (月) 02:01


見たことあるけど面白いと思ったことはないwwwww

1 Anonymous ★

https://myjitsu.jp/archives/303326


実力派の雰囲気を醸し出している、お笑い第7世代のトリオ芸人『四千頭身』。彼らの人気に陰りが見えているという。

「四千頭身は第7世代の中でも特に女性人気が凄まじく、後藤拓実のファンは〝ごたガール〟、石橋遼大のファンは〝バシガール〟との名称がつくほど、アイドル的人気を誇っています。YouTubeチャンネルの登録者数も約70万と絶好調に見えますが、そのYouTubeチャンネルから人気の陰りが見えるのです」(芸能記者)

1年ほど前にアップされているYouTube動画は、そのどれもが10万以上の再生回数。100万回を超える動画も少なくなかったのだが、最近の動画は数万回程度がアベレージ。10万回にすら届かない動画だらけになっているのだ。

「こいつらオモテで下積みしてんのか」
「YouTube再生回数だけを見て分析すると、四千頭身はこの1年でファンが十分の一ほどに激減していることがわかります。単純なファン離れだけでなく、新規ファンを全く獲得できていないことが要因でしょうね。『四千頭身』は大人気バラエティー『有吉の壁』(日本テレビ系)にレギュラー出演しているにもかかわらず、ほとんどウケを取れずに目立っていない。『シソンヌ』『チョコレートプラネット』『とにかく明るい安村』『もう中学生』あたりが番組をきっかけにファンを増やしているのとは、対照的な結果となっています」(同・記者)

実力がないにもかかわらず、テレビに出続けていることを揶揄し、「こいつらオモテで下積みしてんのか」とネット民にズバっと指摘されてしまったことを自虐している後藤。賞レースで結果を残している『霜降り明星』や『ハナコ』、ネタの評価が高い『空気階段』『ザ・マミィ』『かが屋』『蛙亭』など、他の第7世代芸人とは実力差がありすぎることもコンプレックスだろう…。

しかし、『四千頭身』には『四千頭身』なりの戦い方があることを見つけてほしいものだ。





65

>>1
オヂサンは、まず誰だかわからない問題・・・


67

>>65
分からないなら書き込むなよ
お前が知らないだけで有名人なの


13

松戸から大宮に行く場合、
東武野田線を使った方がいいのか、
武蔵野線を使った方がいいのか


39

>>13
マジレスすると上野で乗り換えるのが一番速い


41

ネタがつまらんバラエティでも目立たんでどうやって人気者になったの?


49

>>41
アメトークで先に売れてた宮下草薙に噛みついたのがきっかけだったと思う
その成り上がりへの上昇志向に肉食男子に飢えていた女性ファンが食い付いた


75

>>41
前にテレビで部屋うつってたけど俺の母親が神棚かなんかが*学会のやつだって言ってたな


50

クスリともしたことないよ
出直しといで


60

>>50
クスリ、ダメ、絶対


76

後藤ってタワマン住んでるの自慢してるけど維持できんの?


79

>>76
月に400万くらいは収入あるんで余裕だよ


80

こいつらって何が面白いの?
まったく笑えないんだけど


82

>>80
ナイナイとかロンブーとかダウンタウンと同じ
事務所のごり押し


83

>>80
お前が正しいよ
多分、お前の方がナンボか面白いはず