コロナウィルス関連

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』倉田真由美がNHKのクラスター発生報道を批判?!!!!!!!!!!!!?

「テキトーなことばかり」「怒りが湧くわ」

倉田真由美氏がNHKのクラスター発生報道を批判「テキトーなことばかり」「怒りが湧くわ」
漫画家の倉田真由美氏が11日、ツイッターを更新。NHKのクラスター発生報道を批判した。

 NHKによると、沖縄県那覇市の健康診断でスタッフと母親、子ども合わせて6人が新型コロナに感染するクラスターが発生したという。保健所ではコロナに感染していた母親のマスクのヒモが切れて、10分ほどマスクを着用していなかったため感染が広がったと見ている。

 倉田氏はこの記事を引用し「マスクのヒモが切れたせいでクラスター?検証されないからとテキトーなことばかり、こんなのが報道か。ほとほとあきれるし、いい加減にしろと怒りが湧くわ」と怒りをあらわにした。

 倉田氏はかねてマスクを強要するような社会の雰囲気に批判的な投稿をしている。

【日時】2022年08月11日 17:28
【ソース】東スポWeb

【『速報』倉田真由美がNHKのクラスター発生報道を批判?!!!!!!!!!!!!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『疑問』いつになったら日本人はマスクを外せるのか…

「第7波」におののく日本と「コロナ禍」を脱した海外の決定的違い

いつになったら日本人はマスクを外せるのか…「第7波」におののく日本と「コロナ禍」を脱した海外の決定的違い
新型コロナウイルスは感染の「第7波」が到来し、発熱外来の受診がしづらいなど、各地で影響が出ている。問題の本質はどこにあるのか。ジャーナリストの池上彰氏さんと増田ユリヤさんが話し合った――。(連載第6回)

■マスクを着けたり外したり…岸田首相の“マスクルール”
 【池上】岸田首相が6月26日から28日にかけて、ドイツのエルマウで行われたG7サミットとNATO首脳会合に出席しました。気になったのは、会合の内容もさることながら、岸田首相が当地ではほとんどの場面でマスクを外していたにもかかわらず、日本に帰ってきてからはばっちりマスクをしていたことです。

 岸田首相は4月下旬から5月上旬にかけてのゴールデンウィークの時期にも海外を歴訪していますが、その時にも多くの場面でマスクを外していました。そこで帰国後、記者から「海外ではマスクを外していたにもかかわらず、帰国してからはマスクを着用しているというのはどういうことか」と質問されたんです。

 【増田】岸田首相の答えが注目されましたよね。

 【池上】「出張先、相手国のルールに沿って対応させていただいた」と述べていました。その直後の5月12日の参院厚生労働委員会で「マスク着用基準の緩和を検討しないのか」と聞かれて「今は現実的ではない」と時期尚早であるとの考えを示しています。さらに5月31日にも、参院予算委員会で「まだこの段階で外すのは現実的ではない」と答えています。

■海外では誰もマスクをしていない
 【増田】私は今年3月、6月末と海外取材に出ましたが、ハンガリーやスロバキアでは、確かに誰もマスクはしていませ..

【日時】2022年08月03日 09:16
【ソース】プレジデントオンライン

【『疑問』いつになったら日本人はマスクを外せるのか…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

}} 木下 博勝(きのした ひろかつ、1968年1月20日 - )は、日本の医師、博士(医学)、タレント。鎌倉女子大学教授。 北海道深川市生まれ。北海道深川西高等学校卒業後、杏林大学医学部に進学、医師国家免許を取得する。その後、東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了。
15キロバイト (2,048 語) - 2022年7月26日 (火) 00:42
「医療現場をこれ以上いじめないで」「頑張るほどクレーム多くなる」

1 jinjin ★
木下博勝医師、コロナ最前線の叫び「医療現場をこれ以上いじめないで」「頑張るほどクレーム多くなる」


女子プロレスラーでタレントのジャガー横田(61)の夫で「さいたま新都心ジャガークリニック」の院長・木下博勝氏(54)が28日に公式YouTubeチャンネルを更新。

新型コロナウイルス治療の最前線に立つ医師として「医療現場をこれ以上いじめないで」と訴えかける場面があった。


木下医師は「状況として、過去最高に感染者が急増しています。現場も大混乱です。人が殺到するので、対処しきれないんですよ」と、自身のクリニックの現状を明*。

また「頑張れば頑張るほど、クレームも多くなって。逆ギレするというか、怒鳴る方は本当にやめてください」と、訴えかける場面も。


「スタッフは一丸となって、限界を超えて頑張ってるんです。それは、日本のためになると思ってのことです。たとえば、自分たちの給料は増えないですよ、僕も全力で頑張ってます」と、理解を求めた。

最後は「おそらく9月に入るまで、この状態は続くと思います。どうか、医療現場をこれ以上いじめないでください」という言葉で締めくくった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/ea21a253009b19286b659f8646f820445dec7c86

【【芸能】木下博勝医師、コロナ最前線の叫び。。。。。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』診察待ち患者 医療スタッフに“怒号”も…

発熱外来に殺到 無症状陽性者「相当いる」

診察待ち患者 医療スタッフに“怒号”も…発熱外来に殺到 無症状陽性者「相当いる」
26日、全国で新たにおよそ20万人が新型コロナウイルスに感染しました。病院が急増する感染者の対応に追われるなか、怒鳴り付ける患者が医療スタッフを苦しめています。

■“第7波”無症状の陽性者「相当いる」
千葉市にあるクリニック。26日も、発熱外来には、常に20人から30人が並んでいました。

東京ビジネスクリニック・内藤祥院長:「朝、受け付けが始まった時点で(定員)人数を毎日、上回っている。陽性率が非常に高くなっていて。今週は80%を超えている。熱がある方、風邪のような症状がある方は、コロナじゃないと考える方が不自然」

福岡の病院では、朝から数十メートルにわたり行列ができました。感染者の多い大阪では、発熱外来に並ぶ人で商店街の一部が埋め尽くされています。

内藤院長:「無症状で熱もないような方が、陰性証明のために検査をしたんですけど、検査をしたら陽性が出てしまって。無症状の陽性者というのが相当な数いると考えられます」

■都の診療機関「これ以上受け入れできず」
26日、都内の新規感染者は3万1593人。先週火曜日と比べ、感染者はおよそ2万人増えました。

都の発熱相談センターによると、患者からの電話がやまず、登録している診療機関からは「これ以上、受け入れできない」との連絡が次々に来ているといいます。

東京都福祉保険局のサイトには、診療機関を表すマップがあります。

青色のマークは、受け入れ可能な医療機関となっています。オレンジ色のマークは、かかりつけの患者のみの受け入れとなっています。それが、半分ほどを占めています。

■患者から怒り…スタッフの心..


【日時】2022年07月27日 12:06
【ソース】テレ朝ニュース

【『速報』診察待ち患者 医療スタッフに“怒号”も…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』ホリエモンがワクハラに反論?!!!!!!!

社会悪。反ワクチンの人自主的に静かに私から縁を切って下さい。」「ワクチン接種を前提に契約した」と“ワクハラ”の声には反論

「ワクチン打たない人って社会悪。反ワクチンの人自主的に静かに私から縁を切って下さい。」「ワクチン接種を前提に契約した」と“ワクハラ”の声には反論
実業家の堀江貴文氏(49)が26日に自身のツイッターを更新し、自身がプロデュースする舞台の関係者全員と「ワクチン接種を前提に契約」したと報告した。

堀江氏は23日、自身のフェイスブックで「一緒に仕事してた人が新コロのワクチン打たずに2回もまあまあひどい症状なってるの知って愕然としてる。それでも打たないって頭悪すぎ。社会悪。当然縁を切った。反ワクチンの人自主的に静かにわたしから縁を切ってください。ストレス溜まるんで」と投稿。音楽デュオ「ホリエモン&CEOセオ」を組んでいた起業家でアーティスト・CEOセオ氏と“絶縁”したことを明かした。

その後、SNSではこの件について様々な議論が。そのなかで堀江氏は「私は年末開催予定のミュージカルクリスマスキャロルの出演者スタッフ全員に新型コロナウィルスワクチン接種を前提に契約しています。ワクハラと言って人類の叡智ワクチンによる集団免疫を否定するような奴らとは仕事できません」と、ツイートした。

この投稿に、一般ユーザーから「ミュージカルが発声する現場であることや、観客が富裕層の高齢者が多そうなことを踏まえると、許容しうる経営者判断と思いますが、正しい知識を身につけた上でワクチン打たない自由もありますので、全否定はやりすぎです」というリプライが。これに堀江氏は「正しい知識身に付けて社会的影響力がある人が打たない選択肢はないと思うが」と、返答している。

【日時】2022年07月27日 16:54
【ソース】スポーツニッポン

【『速報』ホリエモンがワクハラに反論?!!!!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ