YouTube

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本の元お笑いタレント、YouTuber 、実業家 、元歌手、元俳優、元司会者、元声優。 本名同じ。大阪府茨木市出身。金光第一高校卒業。お笑いコンビ雨上がり決死隊の全活動期(1989年 - 2021年)のメンバー。現在はYouTubeを主な拠点に活動している。
48キロバイト (6,092 語) - 2022年1月27日 (木) 05:44


再生回数ピンチで立て直しに本腰

1 爆笑ゴリラ ★

1/27(木) 5:15配信
東スポWeb

立ち上がれるか(東スポWeb)

 元「雨上がり決死隊」宮迫博之(51)がユーチューバー活動を休止した。今月15日に公開した「オリエンタルラジオ」中田敦彦(39)らとのコラボ番組「WinWinWiiin」が想定外の反響だったためだ。宮迫は本気でチャンネル立て直しを迫られている――。

「Win――」4部作は再生回数は26日時点で合計約900万回とバズりにバズった。特に注目を集めたのが、宮迫が3月にオープンする予定の焼肉店「牛宮城」に関するトークだ。ノーブルプロモーション代表取締役の若林和人氏も登場し、同店が宮迫の単独オーナーではないこと、ひと月280万円の賃料の返済見通しがすでに立っていることなど、内幕を赤裸々に語った。

 すると宮迫は21日、突然ツイッターで「本日より暫くの間、動画の配信をお休みさせていただきます。チャンネルをより皆さんに楽しんでもらう為に立て直しをする、前向きなお休みです! 是非過去動画を観ながら待っていてください! よろしくお願いします」と活動休止を宣言。なぜこのタイミングだったのか?

 芸能関係者は「焼肉関連以外の動画の再生回数が極端に落ち込んでいることが原因」と指摘。

 宮迫の主な収入源はユーチューブから。2020年1月にチャンネルを開設し、比較的安定した再生回数を稼いできたが、昨年8月に盟友ユーチューバー・ヒカルと焼肉店の共同経営に乗り出したあたりから、雲行きが怪しくなってきた。

 焼肉店関連の動画の再生回数は平均約100万回(Win――の4回含む)を記録する一方で、それ以外は平均約16万回と、格差が発生。宮迫はこの状況に危機感を抱いた。

「宮迫さんはやっぱり根は芸人さんですからね。ネット上で〝焼肉芸人〟と揶揄されていることにダメージを受けている。『おもんない』と言われることに一番傷ついているんですよ」(前同)

 さらに「Win――」で牛宮城の内情が明らかになったことで、イメージはさらに悪化。新たなコラボ相手を見つけづらくなってしまった。

 ユーチューブチャンネルが焼肉動画に〝侵食〟されてしまい、本業のお笑い動画が目立たないという負のスパイラルに突入。牛宮城オープンまであと1か月と大事な時期にもかかわらず配信停止したのは「〝牛宮城依存〟を減らす方策を考えているからにほかなりません」(関係者)という。

 宮迫はピンチをはね返すことができるか。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8a600fab2089e613fb436a5e66050a81fa8b8e99


【【芸能】宮迫博之w脱「牛宮城」かwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年11月11日閲覧。 ^ ヒカルくんとの焼肉屋の今後についてご報告させていただきます - YouTube ^ 宮迫さんとの焼肉屋の今後と絶縁したというニュースについて - YouTube ^ “宮迫博之 共同経営の焼肉店からヒカルが撤退 宮迫側が依頼「ケンカをしたとかではないです」”. スポニチ
48キロバイト (6,087 語) - 2022年1月18日 (火) 01:47


ひろゆき、堀江貴文ら続々言及で265万回再生wwwwww

1 爆笑ゴリラ ★

1/20(木) 12:21
SmartFLASH

宮迫博之の焼肉店、なんだかんだ注目される…ひろゆき、堀江貴文ら続々言及で265万回再生の“おいしい展開”に
左からひろゆき氏、宮迫博之、堀江貴文氏
 宮迫博之の“炎上”が止まらない。だが、そのいっぽうで“おいしい展開”も迎えているようだ。

 発端は、15日に公開されたYouTube動画。オリエンタルラジオ・中田敦彦や極楽とんぼ・山本圭壱とのコラボ企画「winwinwiiin」内で、プロデュース中の焼き肉屋「牛宮城」に関する真相を告白した。

 動画のPart4では、“黒幕”と言われるノーブルプロモーション代表取締役の若林和人氏が登場。そこで牛宮城は宮迫が単独で経営しているわけではなく、持ち株比率は若林氏が50%、宮迫が45%だと明かされた。

 また宮迫はお店のために大事な高級腕時計や車を売り払うことを宣言し、視聴者から心配の声があがっていた。だがこれも、実際には時計や車を売らなくても金銭的に問題ないと明らかになったのだ。

 こうした内容に、視聴者からは「嘘ばっかり」と言ったドン引きの声が殺到。そこでまずコメントしたのが、かつて協同経営者だったYouTuberのヒカルだった。

 16日、ヒカルは自身のYouTube動画内で若林氏について「率直に『お前、いまさら出てくるのかよ』って思いましたね」と不快感を露わ。「いまだから、ぶっちゃけちゃうんですけど、僕が撤退した一番の理由は、若林さんとはしたくなかった、というのが正直あります」と明かした。

■堀江貴文にひろゆきも…もはや“オールスター”状態

 すると今度は堀江貴文氏(49)が19日、自身のYouTubeチャンネルでライブ放送を配信。「牛宮城の出資をお願いされたらどうしますか?」というコメントが届くと「絶対、出資*ぇよ!マジでヤバイです」と断言。「300万円の家賃を広告費でまかなうって言ってましたけど、最初のうちだけですよ。テコ入れできないし、マジで撤退した方が良いです」と、改めて撤退を呼びかけた。

 これを受け、ひろゆき氏も言及した。17日にもYouTubeチャンネルのライブ配信で牛宮城について語っていたが、19日にはTwitterを更新。《地獄に進んでいる人を止めるのは、本当にその人のことを助けることになるんだけど、止めると『助けてあげてない』とか言われるのは理不尽》として、宮迫について“地獄に進んでいる人”と表現。堀江氏の発言を支持した。

「宮迫さん、中田さん、山本さんという3人がすでにネット界で度々話題になる“有名人”たちですが、そこへさらにヒカルさん、ひろゆきさん、堀江さんがコメント。もはや、“オールスター”のような状態になっています。

 宮迫さんの焼肉店騒動は当初こそ盛り上がっていたものの、最近は少し落ち着いてきていました。しかし今回の動画を受け、過去のような勢いを取り戻し始めています。実際、多くのメディアが再び連日のように記事として取り上げるようになってきました」(スポーツ紙記者)

■動画は265万回再生を突破、オープンに期待の声も

 その結果、「winwinwiiin」の再生回数もうなぎ上りだ。Part4の動画は20日時点で、265万回再生を突破する“おいしい展開”になっている。

 さらに、ネットでは3月のオープンに期待する声も出始めた。

《いま見たら急上昇えらいことになってる!WinWinWiiinが1〜4位独占て大爆笑やっぱりなんだかんだ宮迫さんは注目されてる人なんだな〜》

《宮迫さんの焼肉屋さん、広告宣伝費使わんでもこんなに有名になってるしなんだかんだで始まってしばらくは繁盛しそう》

《宮迫いる焼肉屋だったら説教したい人が大挙して押し寄せて繁盛すると思う》

 果たして、なりふり構わぬ姿勢は功を奏すのだろうか。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4b4121cc0d4e33d5faed504a74d2c54ac3aed02


【【芸能】宮迫焼肉店wまさかのおいしい展開にwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber 、実業家 、歌手、俳優、司会者、声優。 本名同じ。大阪府茨木市出身。金光第一高校卒業。お笑いコンビ雨上がり決死隊の全活動期(1989年 - 2021年)のメンバー。現在はYouTubeを主な拠点に活動している。
48キロバイト (6,087 語) - 2022年1月18日 (火) 01:47


まぁ甘いかもしれんなwwwww

1 爆笑ゴリラ ★

1/20(木) 18:01
デイリースポーツ

宮迫博之に「本気でやる気あるのか」甘い!「ピントずれている」マネーの虎が喝

 かつてテレビ番組「¥マネーの虎」に出演していた実業家の南原竜樹氏が20日までに自身のYouTubeチャンネル「冷徹な考え」を更新。3月1日に東京・渋谷に焼き肉店「牛宮城」をオープンさせる予定の元雨上がり決死隊の宮迫博之に「甘い!」「本気でやる気があるのか!」と猛批判した。

 南原氏は、宮迫が同店を人気YouTuberのヒカルとの共同経営でスタートしたことについて「めちゃめちゃ難しいと思った。2人で会社を経営するのは難しい。いつか別れが来る。取り組みの時からよっぽど慎重に(役割分担を)やらないといけない」と指摘。「今回は最初の握りが甘い。役割分担、責任、誰が何をどうして、結果をきちんと出していくのか、そういった決めごとが何もないままにスタートしていったのだと思う」と話した。

 南原氏は開店予定の一帯を視察。その上で「豪華な内装に大金をかけて、その資本を回収するために高いものを売って、料金を高く取らなければいけない。でも地域的にあの場所はなかなか高い料金を取れる場所じゃない」と通告した。センター街には人がたくさんいるのに「(牛宮城が入った)このビルだけがなぜかテナントが空いている」と立地などに疑問符をつけた。

 自身もミシュラン2つ星のレストランを経営した経験があり「地方からもお客さんが来てくれたけど、それなりに魅力があるから」と、暗に宮迫の店に魅力が欠けていると示唆。「芸能人がやった店で、うまく行く店もあるが、ノリでやった店、自分の名前で始めた店、集客を自分の人気でとっているところは長く続かない」と分析し、「経営の成功はリピーター獲得にある」と掲げた。

 宮迫が経営から手を引いたヒカルの出資分は返済すると宣言していることについて、「飲食はそんなに甘くない。何年も赤字が続くこともある。(開店した)50%は1、2年で閉めてしまう」と非情な現実を示し、「ピントがずれている」とも。「本気でやる気があるのか。片手間でできる商売じゃない」と叱咤(しった)し、「もっと自分で手を掛けて、時間を掛けて、知恵を使って、店に足を運び何と*るべき」と厳しく言い放った。

 南原氏は、英自動車メーカー、ローバーの輸入代理店を経営し、「マネーの虎」に出演。現在も、企業経営を行っている。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/12f803162c20f3bbfc51ca1c5497fcb6198630d7


【【芸能】宮迫博之wマネーの虎が喝wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ずっとユーチューブでええ

1 爆笑ゴリラ ★

1/18(火) 21:01配信
週刊女性PRIME

テレビ進出宣言をするヒカル(公式YouTubeチャンネルより)

 いよいよ“カリスマ”の本領発揮か。

 YouTubeのチャンネル登録者465万人を誇る、人気ユーチューバー・ヒカルが1月14日に自身の動画チャンネルを更新。その中で2022年の目標を語るにあたって、《テレビにも進出しようと思っとって、実は》とテレビ出演への野望をのぞかせた。

「これまでヒカルがテレビ出演したのは、意外にもドラマ出演(『残酷な観客達』2017年、日本テレビ系)で、同じくユーチューバーのラファエルらと一緒に出演。また昨年7月にも『サレタガワのブルー』(毎日放送)最終話にも出演しましたが、『残酷な〜』同様に深夜ドラマともあってあまり話題になりませんでしたね」(ウェブニュースメディア編集者)

 今回、ヒカルが出演を目論むのはまさかドラマではないだろう。テレビ進出の理由を次のように答えていた。

《テレビで有名になりたいというよりも、テレビを広告として使いたいという気持ちが今芽生えとって。テレビに出ることでしか手に入らない層が100%おるやんか。テレビで活躍することで、いい出方をすれば、月に1回でも相当話題性もあると思うし、いいなと思っとって》

 視聴者に自分を売り込むとなるとトーク番組か、それともバラエティー番組か。新たなビジネスを考えているのか、これまでYouTubeを視聴したことがない世代を“市場開拓”したい思惑があるようだ。

ユーチューバーにすがるテレビ
 ネット界隈では誰もが知るトップユーチューバーの1人で、さらに元雨上がり決死隊の宮迫博之、また元NEWSの手越祐也ら“芸能人”ともコラボして渡り合ってきたヒカル。それだけに実際、テレビ局からオファーもきているという。

「確かにユーチューバーは業界のトレンドではありました」とは広告代理店営業スタッフ。各テレビ局が視聴者層の若返りを図る昨今、白羽の矢が立ったのが彼ら。

「他にもティックトッカーやインスタグラマーら、いわゆる若者の支持を集める“インフルエンサー”など、ネット界のスターをキャスティングすることが視聴率を獲得するには手っ取り早いと思われたのです。

 そこでクライアントには、“チャンネル登録者○万人”“フォロワー○万人”“再生回数○億回”といったインフルエンサーリストを用いて、ニーズにあったキャスティングを提案するのが常になっています」

 この流れによって、多くのユーチューバーらがネットからテレビに進出。主にバラエティー番組で重宝されていたのだが、そのトレンドはここにきてトーンダウンしているとも。何が起きたのだろうか。

バラエティー番組制作に携わる放送作家は「やはり、テレビでは“素人”だったということ」と手厳しい。

「YouTubeやTikTokは制作スタッフはいたとしても、基本的には企画、出演するのは自分自身、はたまたグループだけで完結する個人競技のようなもの。片やテレビは大勢の出演者から成り立ち、制作側が作った台本に沿って進行し、さらに演者同士のアドリブによって番組はおもしろくなっていきます。

 テレビの一線で活躍する百戦錬磨の人気芸人やタレントが“プロ”としたら、場数を踏んでいないユーチューバーは“素人”同然。編集ありきのYouTubeでバズり動画を作れたとしても、食うか食われるかのスタジオでは実力を発揮できずに終わる、“壁”に阻まれるユーチューバーが多い」

テレビに出たらただの一般人
 例えば、2021年2月に『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演したユーチューバー集団『フィッシャーズ』。中学校の同級生で結成された息の合った7人組は、チャンネル登録者700万人超の人気グループだ。2020年8月に続いて2度目の出演となったが、


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b23f86583cffb4678be4e6254880997172b4488
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1642542481/


【【芸能】ヒカルwテレビ進出宣言もwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber 、実業家 、歌手、俳優、司会者、声優。 本名同じ。大阪府茨木市出身。金光第一高校卒業。お笑いコンビ雨上がり決死隊の全活動期(1989年 - 2021年)のメンバー。現在はYouTubeを主な拠点に活動している。
48キロバイト (6,087 語) - 2022年1月18日 (火) 01:47



1 爆笑ゴリラ ★

1/18(火) 20:20配信
東スポWeb

宮迫博之(左)とひろゆき氏(東スポWeb)

 実業家のひろゆき氏が16日、配信者のひげおやじ氏の動画に出演。元「雨上がり決死隊」宮迫博之の焼肉店「牛宮城」の問題点を指摘した。

 宮迫が中田敦彦らと共演しているユーチューブ番組「WinWinWiiin」(15日配信)に、牛宮城の運営会社・ノーブルプロモーション代表取締役の若林氏が登場。牛宮城の家賃月280万や追加の改装費用2〜3000万円を、宮迫は時計を車を売ってペイしようとしていたが、その必要がないことも明らかになかった。

 若林氏は番組内で、焼肉の売上だけではなく、注文に使うタブレット端末やメニューにスポンサー広告を掲示し、広告収入で家賃分をまかなうと説明。スポンサーはすでに何社か決まっており、月280万の家賃はペイできるとした。

 ひろゆき氏はこの広告収入という点に着目し、」「とてもじゃないけど、信じられなくて」と絶句。その根拠を「(ネットでは)1000ビューで1円とかそういうレベルじゃん」「100席の店に1日100人来るとして、1か月でも来て3000人ですよ。それに300万出すかな」と説明した。

 続けて「(関係者は)たぶんネット広告の単価がわかってないからお金が入ると思ってる」「『あの宮迫さんが』っていうのがあるから、最初の3か月くらいはノリで100万とかはあると思うのよ。でも、そのうちリピーターが来たら広告意味ないじゃん」と指摘。

 その上で「でも不安だよね。『広告あるから家賃は大丈夫』って感じになって誰もツッコんでなかったけど、そんな広告なんて簡単に取れない」持論を展開した。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/19854ee2f14f4c34e4a7d851f7c3d8d1854e877c


【【芸能】宮迫博之の支払いプランひろゆき絶句wwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ