森戸 知沙希(もりと ちさき、2000年2月19日 - )は、日本の元歌手・元アイドルで、ハロー!プロジェクトに所属するモーニング娘。の元メンバー(14期)、そしてカントリー・ガールズの元メンバー。愛称はちぃちゃん、ちぃ、もりとち。イメージカラーはモーニング娘。では白、カントリー・ガールズではオレンジ。
32キロバイト (3,979 語) - 2022年6月21日 (火) 12:47
「夢のような素敵な時間を過ごさせてくれてありがとう」

1 首都圏の虎 ★
 ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’22」(リーダー・譜久村聖=25)が20日、東京・千代田区の日本武道館で千秋楽公演「モーニング娘。’22 CONCERT TOUR ~Never Been Better!~森戸知沙希 卒業スペシャル」を開催。14期メンバーの森戸が同公演で卒業した。

 ライブは「青春Night」でスタート。序盤のMCで森戸は「卒業発表してからあっという間でした。最後の13人体制を目に焼き付けてもらえるように頑張ります!」と笑顔を見せた。

 直後には森戸がセンター的役割を担当する最新シングル曲「Chu Chu Chu 僕らの未来」を披露。その後もユニット単位での歌唱や「よしよししてほしいの」~「What is LOVE?」までの7曲メドレーなどを披露した。

 中盤のMCではメンバーが森戸への思いを明*。その中でも12期・牧野真莉愛はなぜかドラゴンボールの主人公・孫悟空になりきり「よくやったな!」とものまねすると、メンバー全員が壇上で笑いこけた。

 10期・石田亜佑美は涙を我慢して、森戸の加入当初にあった〝心のすれ違い〟を吐露。9期・生田衣梨奈は新幹線で2時間半しゃべり通しだった思い出を明かし、リーダー・譜久村は「本当に助けられました」と感謝した。

 最後は卒業衣装の白いドレスを身にまとった森戸がアイドル生活を振り返った。カントリー・ガールズへの加入、モーニングとの兼任、海外でのライブとさまざまな思いを明かした。
「心が折れそうになった時や声が思うように出なくなった時、もうアイドルとして活動できないのかなということも頭によぎりました」と挫折もあった。それでも「まだまだ未完成な私ですが、明日からは新しい道に進みます。改めて、約7年半夢のような素敵な時間を過ごさせてくれてありがとうございました!」と頭を下げた。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/646d18a485ab19ca170350f756e0d00009e00361

【【芸能】モー娘・14期の森戸知沙希が卒業wwwww】の続きを読む