#小室圭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』小室圭w3度目弁護士試験?!!!!!!!!!

短パン受験はこだわりの証? 合格→弁護士で年収2000万円 不合格は…

小室圭さん3度目弁護士試験 短パン受験はこだわりの証? 合格→弁護士で年収2000万円 不合格は…
 記録的猛暑の夏。芸能界でも、TKO木本武宏(51)が、巨額の投資トラブルを抱えていたことが発覚するなど、熱いニュースが続いています。気になる話題を、いつもの覆面メンバーが深掘りします。

 スポニチ本紙デスク 先月26、27日に、小室圭さんがニューヨーク州弁護士資格試験の3度目の受験を終えた。

 ワイドショーデスク 試験会場への出入りを多くのパパラッチや米国のユーチューバーに囲まれるなど相変わらずの注目度だった。

 週刊誌記者 試験の結果も気になるけど、小室さんのファッションも注目を集めたね。

 本紙デスク 今回も髪形はポニーテール。日本に帰国した時は批判の声も出て、切ったりしていたけれど、お気に入りなんだね。

 リポーター 服装は「ラルフローレン」のボタンダウンシャツの袖を少しまくって、半ズボン姿と涼しげだった。

 週刊誌記者 英メディアの「デーリー・メール」は小室さんのシャツを“しわくちゃ”と表現していたね。外国メディアまで服装を伝えるのだから凄いよ。

 リポーター 試験2日目は1日目と全く同じ服装をしていたことに世界中のウオッチャーが注目していた。

 本紙デスク おせっかいかもしれないけど「洗濯したの?」「洗濯してすぐ乾かしたのだろう」「スティーブ・ジョブズみたいに同じ服を複数持ってるパターン?」などさまざまな声が出ていた。

 ワイドデスク 小室さんは過去の受験でも2日間同じ服を着ていたよね。本人のルーティンの一つなのかも。

 本紙デスク 強いこだわりを持つタイプなのかな。眞子さんとのお出かけが報じられたときのシャツ..

【日時】2022年08月07日 09:30
【ソース】スポーツニッポン

【『速報』小室圭w3度目弁護士試験?!!!!!!!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』小室圭w米NY州司法試験3回目に早くも手ごたえ?!!!!!!

群がる報道陣に余裕の笑顔でリベンジか?!!!!!

小室圭さん米NY州司法試験3回目に早くも手ごたえ? 群がる報道陣に余裕の笑顔でリベンジか
秋篠宮家長女・眞子さんの夫で、現在、米ニューヨーク州の中堅法律事務所に勤務している小室圭さんが、現地時間26、27日に行われた同州の司法試験を終えた。

昨年7月、今年2月に続き、3度目のチャレンジとなった今回の試験は、正念場というのがもっぱらだ。しかも、2回目以降の受験者の合格率は18%ほどの狭き門といわれている。

「ロースクール卒業後、弁護士の補助的な仕事をするロークラーク(法律事務員)として勤務している小室さんにとって、現地で生活を続けるには、司法試験にパスすることがマスト。しかも、3回目がラストチャンスといわれていて、これに合格しないと何か特別なことがない限り、勤務先の法律事務所から契約が切られる可能性は極めて高いでしょう」(現地在住の日本人弁護士)

特に、インフレが加速するアメリカでは、さまざまなモノの値段が高騰しているため、より収入の高い弁護士への昇格は生活を安定させるためにも必至といわれている。
 
まさに崖っぷちに立たされている小室さんは、ギンガムチェックのボタンダウンシャツの袖を少し腕まくりし、濃いグリーンのショートパンツに黒のスポーツシューズ、ショルダーバッグを右肩にかけて、髪をポニーテールに束ねたラフな格好で試験会場に現れた。

■結婚1周年の10月に合否判明
試験終了後、会場から出てきた小室さんは受験者であることを示す緑色のバンドを左手首につけ、スマートフォンでタクシーを呼び出そうとしていたところ、待ち構えていた報道陣に囲まれた。だが、マスク越しに見せた笑顔が印象的だった小室さん。

「前回、合格にあと5点ほど足..

【日時】2022年07月28日 17:32
【ソース】日刊ゲンダイ

【『速報』小室圭w米NY州司法試験3回目に早くも手ごたえ?!!!!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』小室圭「父親になる覚悟」はあるのか?!!!!!!!

独身時代も結婚後も生活費は人任せ…

小室圭さんに「父親になる覚悟」はあるのか 独身時代も結婚後も生活費は人任せ…
■外務省が夫妻の“妊活”をサポート? 
小室眞子さんのおめでた発表が近いうちにあるかもしれない。

最近の週刊誌を読んでいると、そう思えてならない。
結婚から10カ月近くがたつから、そうであっても不思議ではない。週刊誌報道によれば、眞子さんは結婚前から「子どもがほしい。できれば2人か3人」といっていたというから、もしそうだとしたらどんなにかうれしいことだろう。

週刊新潮(7月7日号)は少し前から、小室圭さんは受験勉強より「妊活」に励んでいるとして、こう報じていた。

「NY総領事館には現在、眞子さんのお世話をする専門の外務省女性職員が配置されているが、現地の事情に詳しい人物はこんな近況を打ち明けてくれた。

『現在、小室夫妻は担当の“女性リエゾン(情報連絡員)”はもちろん、トップである森総領事も交えて、ある打ち合わせを進めています』

それは、『眞子さんの“おめでた”に向けてのガイダンスです。夫妻はかねて子を欲しており、いわゆる“妊活”を続けてきたといいます。二人の意向を受けて総領事館でも“そのような状況になったら教えてください。病院紹介などで支援します”といったご案内をしているのです』

随分踏み込んだ領域の話ではあるが、総領事館の仕事の守備範囲は国民が思うよりも広いようである」

■新居は「いまより1部屋多い物件を」
女性自身(7月26日・8月2日号)も、
「NY在住のジャーナリストによれば、『小室夫妻が渡米する前に、総領事館が、スーパーや美容院など生活に必要な情報をリサーチしており、そうしたデータは夫妻に伝えられています。病院のリストもあったの..

【日時】2022年07月26日 17:16
【ソース】プレジデントオンライン

【『速報』小室圭「父親になる覚悟」はあるのか?!!!!!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』小室圭w3度目落ちても解雇なし?!!!!!!!

ニューヨーク州司法試験挑戦

小室圭さん 3度目落ちても解雇なし?ニューヨーク州司法試験挑戦
 安倍晋三元首相(享年67)が凶弾に倒れるというショッキングな事件が起きた7月。おしどり夫婦だった昭恵夫人(60)を気遣う声が多数上がっています。衝撃が収まらない日本列島ですが、真夏のニュースにいつもの覆面メンバーが迫ります。

 週刊誌記者 秋篠宮家の長女小室眞子さんの夫、小室圭さんがいよいよ3度目のニューヨーク州司法試験に挑戦する。

 ワイドデスク 現地時間26、27日だね。あと数日だけど、準備は万端なのかな?

 スポニチ本紙デスク 先月には、眞子さんと手をつなぎながら笑顔でニューヨークの街を歩いてるところを海外メディアに報じられていた。あのデートシーンは勉強の息抜きなのかな?現在も法律事務所で助手として働いて、月55万円のレジデンスで暮らしているみたいだね。

 ワイドデスク 働きながらの勉強は大変と聞く。前回は合格まであと5点まで迫ったみたいだけど、今回はどうなるかな?次こそ合格しないと、そろそろ生活が厳しいんじゃない?

 本紙デスク 元々物価の高いニューヨーク。それが、ロシアによるウクライナ侵攻で食料や資源の高騰が起きて、ますます物価も上がった。年収600万円前後といわれる今の小室さんの収入で家賃55万円はきついよね?単純計算で給与が家賃で全て消えてしまう。弁護士になれば年収2000万円なんでしょ?

 リポーター 眞子さんは皇室離脱に際して支給される最大で1億5000万円超の一時金の受け取りを拒否したよね?だから今は1億円ともされる貯金を切り崩しているって言われている。

 週刊誌記者 でも最近、ここまでの家賃を支払ってないのでは…とも言わ..

【日時】2022年07月24日 08:45
【ソース】スポニチアネックス

【『速報』小室圭w3度目落ちても解雇なし?!!!!!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』小室圭・眞子夫妻…同情の声もwwww

「ニューヨークなんて行かなきゃ良かったのに」

小室圭さん・眞子さん夫妻…「ニューヨークなんて行かなきゃ良かったのに」同情の声も
今月末には、3回目の司法試験に挑むという、小室圭さん。その結果次第では「帰国も余儀なくされる」という報道も。ニューヨークでの生活も、決して楽ではない状況下、同情の声も聞こえてきます。みていきましょう。

■小室圭さん・眞子さん…渡米時から20円以上も円安に
2021年11月14日、ニューヨークへ渡った小室圭さん・眞子さん夫妻。出国の時には、普段VIPが利用する貴賓室から搭乗し、到着したジョン・F・ケネディ国際空港からは、ニューヨーク市警察などに警備されながら入国をしたといいます。

混乱を避けるための特別待遇。皇室を離脱して一般国民と同様になったとはいえ、元皇族の身。何かあってからでは遅いですから、特別な待遇がされても、仕方がないことでしょうか。

ただ日本にいるよりは世間からの監視の目は少なく、自由を求めて結婚に踏み切ったであろう夫妻にとっては、快適な環境だったのかもしれません。

ただニューヨークといえば、世界でも指折りの物価の高い街として知られているところ。ふたりが住むレジデンスは家賃月額55万円だといいますし、仮に小室圭さんが司法試験に合格し、晴れて弁護士になれた際には年収2,000万円を手にしますが、それでもニューヨークでは並の生活しかできないといいます。

たとえば、世界76都市で販売されている、トールサイズのスターバックスラテの値段を基準にして、各国の通貨の購買力平価を比較する「スターバックス指数」。少々古い2019年のものですが、日本は36位に対し、ニューヨークは16位。日本の基準で考えると、ニューヨークでの生活はかなり厳しいものがあるでしょう..

【日時】2022年07月09日 11:16
【ソース】幻冬舎ゴールドオンライン

【『速報』小室圭・眞子夫妻…同情の声もwwww】の続きを読む

このページのトップヘ