#小室圭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』息子圭さんから母にプレゼントww

小室佳代さんが楽しみにしているという「クルーズ船旅行」との事www

NO.10122072 2022/01/14 08:41
小室佳代さんが楽しみにしているという「クルーズ船旅行」は息子・圭さんからのプレゼント
小室佳代さんが楽しみにしているという「クルーズ船旅行」は息子・圭さんからのプレゼント
■張り詰めた糸が切れた

 昨年10月に結婚した小室眞子さん・圭さん夫妻(共に30)。2人が米ニューヨークに渡って2ヶ月ほどが経過した。夫婦水入らずで初の年越しとなったわけだが、一方で圭さんの母・佳代さんの近況はどういったものなのか?

「去年、小室さんが一時帰国して実家で生活していた期間、佳代さんは本当に嬉しかったみたいです。眞子さん同様、3年2ヶ月ぶりの再会でしたからね」

 と、社会部デスク。

「圭さんは滞在中、勤務先の法律事務所とのリモート会議などに追われるなど、かなり忙しない日々を送っていたようですが、佳代さんは眞子さんとリモートでやり取りしたり、圭さんに手料理を振る舞ったりと充実した生活を送っていたそうです」

 結婚会見後、圭さんは自宅を後にした。

「張り詰めた糸が切れるというのか、圭さんがいなくなった後、佳代さん自身かなりナーバスな状態にあったと聞いています。メンタルクリニックに通院していることもあって普段から体調の波はあるようですが、しばらくは色んなことが手につかなかったようです」(同)

【日時】2022年01月14日 06:00
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

【『速報』息子圭さんから母にプレゼントww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』小室佳代さん 足も完治で完全復活!www


NO.10077871 2021/12/24 13:23
小室佳代さん 足も完治で完全復活!セレブ風ファッションで朝5時に謎の外出
小室佳代さん 足も完治で完全復活!セレブ風ファッションで朝5時に謎の外出
午前5時、気温は10度を下回り、暗闇に包まれる住宅街で、1台のタクシーがマンションの前に止まった。玄関から出てきた女性はファーのついたコートを羽織り、足元はレザーブーツ。左手には光沢のあるハンドバッグを提げていた。

夜明け前にもかかわらず、バッチリ“おめかし”をしてタクシーに乗り込んだのは、小室圭さんの母・佳代さんだった。いったいこんな時間から、誰に会いに行くつもりだったのかーー。

久々にカメラの前に姿を現した佳代さん。半年ほど前に仕事中にケガをしたという足も完治したのか、松葉杖は使っておらず、足取りはしっかりしていた。眞子さんと小室さんの渡米から1カ月がたつが、この間、佳代さんはどんな暮らしを続けてきたのだろうか。

「佳代さんにとって一番の心残りは、義理の娘となった眞子さんと対面できなかったことでしょう。元婚約者・X氏との金銭トラブルについて『さっさと400万円を返せばよかったのに』という意見も多いですが、それを断固拒否すべきと主張したのが眞子さんでした。

結婚が先送りになってでも名誉を守ろうと、秋篠宮ご夫妻と対立することもいとわず、佳代さんの味方をしたのです。佳代さんが“借金を踏み倒そうとした”という汚名を着せられないように尽力した眞子さんは、いわば恩人でもあります。直接会って感謝を伝えたかったでしょうが、それはかないませんでした」(皇室担当記者)

【日時】2021年12月24日 06:00
【ソース】女性自身
【関連掲示板】

【『速報』小室佳代さん 足も完治で完全復活!www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『悲報』眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声とは


NO.10053225 2021/12/12 19:10
「どうせ好きな人とは結婚は出来ない」眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声
「どうせ好きな人とは結婚は出来ない」眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声
 2021年も年の瀬に迫った。そこで、AERA dot.上で下半期に読まれた記事ベスト20を振り返る。

 20位は「「どうせ好きな人とは結婚は出来ない」眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声」(9月25日配信)だった。(※肩書年齢等は配信時のまま)
*  *  *

「ここ(皇室)にいる限り、どうせ好きな人とは結婚を出来ないと思っている」

「皇室から出たい。出るためには、結婚しかない」

「自分でいいと思える相手と結婚できるならば、(細かい欠点など)構わない。姉が『いい』と思うならば、結婚すればいい」

 秋篠宮家の次女、佳子さま(26)は、周囲にこう語っていたという。

 国民の反発をよそに、眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚への準備は、力業で進んでいる。

 9月27日の帰国を前に、フジテレビがニューヨークで小室さんを直撃した映像が流れた。長髪を無造作に束ねた小室さんが、質問を投げかける記者を無視して立ち去る様子は、視聴者に衝撃を与えた。


 皇族が通う学校として知られた学習院女子中・高等科の同窓会の役員を務めた女性は映像を見てこうつぶやいた。

「女性皇族のお相手となる方ならば、品位をもった行動を求められるはずです」

 だが、冒頭であげたように、そこに重きを置いていないご様子なのだ。

 2017年に眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見が行われた。実はその時期に佳子さまは、こう悔しそうに口にしていたという。

「どうして、(姉は、結婚について)何も相談してくれなかったのか」

 姉の結婚話にためらいつつも気持ちを整理していったのだろうか。

 2019年..
【日時】2021年12月12日 17:00
【ソース】AERA dot.
【関連掲示板】

【『悲報』眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声とは】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』眞子w小室圭との順風満帆の新婚生活ww

いいことやんかwww

NO.10023987 2021/11/29 12:45
眞子さん 小室圭さんとの笑顔でわかる「順風満帆の新婚生活」
眞子さん 小室圭さんとの笑顔でわかる「順風満帆の新婚生活」
11月中旬、小室圭さんと秋篠宮家の長女・眞子さんは移住したニューヨークの街中を2人で肩を並べて歩いた。英デイリーメール紙や「ポストセブン」がその姿をとらえている。

写真を見ると、圭さんはどこかを指差し何かを言っていて、その言葉に眞子さんは大笑いしているように見えるものもある。何と仲睦まじい光景だろう。日本では絶対に考えられないようなお二人の姿に驚いた人も少なくないはずだ。

またデイリーメールは、眞子さんが一人で買い物をする姿も写真に収めた。帰りには道に迷ったのか、周りの人に道を尋ね行ったり来たりしていた様子が撮られた。

買い物中は手にスマートフォンらしきものを持っていたが、外では地図アプリのナビゲーションなどを使わなかったのだろうか。人に聞くという昔ながらの方法で解決するあたりが、無垢なお嬢様という感じがする。

「元皇族ですから、日本一の“箱入り娘”といってもいいでしょう。日本では小室さんとのデート中ですら遠くには警備がついており、ましてや眞子さんお一人で歩いたことなどほとんどないはずです。


アメリカでも警備がつくのかと思われていましたが、誰も助けないところを見ると本当に一人で買い物をしていたのかもしれませんね。世間の反発を恐れ、税金を使うことを極端に嫌がっていましたから、眞子さんの意向で“もう放っておいて”というスタイルなのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

【日時】2021年11月29日 07:02
【ソース】FRIDAY

【『速報』眞子w小室圭との順風満帆の新婚生活ww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』小室圭w司法試験不合格の背景に眞子さんとの長時間wwwww

うん寂しかったのかなwwww

NO.9996489 2021/11/17 09:15
小室圭さん、司法試験不合格の背景に「眞子さんとの長時間スカイプ」か 金銭トラブル説明の文書作成も負担に
小室圭さん、司法試験不合格の背景に「眞子さんとの長時間スカイプ」か 金銭トラブル説明の文書作成も負担に
 大方の予想を裏切り、ニューヨーク州の司法試験で不合格となった小室圭さん(30)。本人は来年2月の再チャレンジを言明しているものの、2月の試験は7月よりも合格率が下がるという。また、今月4日、紀子妃の御尊父・川嶋辰彦さんが亡くなるという不幸があり、家族葬には小室眞子さんと圭さん夫妻も参列した。

 ***

 先月19日に東京・聖路加国際病院に緊急入院した川嶋さんは、今月4日の昼頃に息を引き取った。享年81。

「宮内庁は死因を中皮腫だと明かしました。以前から気管支を患っており、体調不良が続いていたのです」

 とは、宮内庁担当記者。

「集中治療室に入った川嶋さんのお見舞いには、紀子さまをはじめ佳子さまや悠仁さま、そして小室さん夫妻が入れ替わり訪れておられた。6日には都内の自宅でお身内だけの家族葬が営まれ、小室さん夫妻は、秋篠宮ご一家がお帰りになった後も、長らくご遺族と話し込んでいました」

 川嶋家と交流のない小室さんはともかく、日本を離れる眞子さんにとって、来し方行く末を語り合うには時間が足りなかったことだろう。

■今年2月の合格率は49%
 14日午前に揃って米国へ出発された小室夫妻だが、新生活の大きな誤算は、他ならぬ小室さんの「不合格」である。

 7月のニューヨーク州司法試験において米国外で教育を受けた人の合格率は31%にとどまったものの、昨年はフォーダム大ロースクール修了生の90%以上が合格。まさしく“ありえない結果”であり、本人は来年2月の「再チャレンジ」を言明しているのだが、ニューヨーク州弁護士であるリッキー徳永氏は、

「今回の合格率は6..
【日時】2021年11月17日 05:56
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

【『速報』小室圭w司法試験不合格の背景に眞子さんとの長時間wwwww】の続きを読む

このページのトップヘ