#眞子

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』眞子さん 知識不足を指摘する声も…

NY美術界で囁かれる学芸員としての“本当の評判”

眞子さん 知識不足を指摘する声も…NY美術界で囁かれる学芸員としての“本当の評判”
31回目となる10月23日の誕生日直前、眞子さんに、夫から最高の“プレゼント”が届いた。10月20日(現地時間)、3度目の挑戦をしていたニューヨーク州司法試験に、小室圭さんが合格を果たしたのだ。

小室さんはすぐに、アメリカ留学など、これまで小室さんを支援してきた奥野善彦弁護士に報告したという。NHKによれば、それは次のような内容だった。

「今回は合格しました。弁護士の仲間入りができました。本当に先生のおかげです」

遠いNYの地での眞子さんと小室さんの生活を案じていた秋篠宮ご夫妻も、胸をなで下ろされているようで――。

「宮内庁の職員たちは、『殿下に合否を直接お聞きするわけにはいかないし、報道を待つしか……』と声を潜めて話していました。もし小室さんが3度目も不合格となって法律事務所を解雇されたら、物価も高騰しているNYでの生活が立ちゆかなくなり、日本に戻ってくる可能性も囁かれていましたからね。

合格の知らせを受けて、秋篠宮ご夫妻や佳子さまも安堵されたご様子だったと聞いております」(宮内庁関係者)

26日に控える結婚1周年の記念日に花を添えた夫の快挙。眞子さんも手放しで喜んでいるかと思われたが、実はメトロポリタン美術館(THE MET、以下MET)の学芸員として、“壁”が立ちはだかり懊悩しているという。NY在住の日本人ジャーナリストはこう語る。

「彼女には、METの日本美術部門のトップで、著名なキュレーターであるジョン・T・カーペンター氏が常に同行するなど、有能なスタッフがついてサポートしています。しかし、『まだまだ名門美術館の学芸員としては力不足なのでは』とい..

【日時】2022年10月25日 06:00
【ソース】女性自身

【『速報』眞子さん 知識不足を指摘する声も…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『悲報』眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声とは


NO.10053225 2021/12/12 19:10
「どうせ好きな人とは結婚は出来ない」眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声
「どうせ好きな人とは結婚は出来ない」眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声
 2021年も年の瀬に迫った。そこで、AERA dot.上で下半期に読まれた記事ベスト20を振り返る。

 20位は「「どうせ好きな人とは結婚は出来ない」眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声」(9月25日配信)だった。(※肩書年齢等は配信時のまま)
*  *  *

「ここ(皇室)にいる限り、どうせ好きな人とは結婚を出来ないと思っている」

「皇室から出たい。出るためには、結婚しかない」

「自分でいいと思える相手と結婚できるならば、(細かい欠点など)構わない。姉が『いい』と思うならば、結婚すればいい」

 秋篠宮家の次女、佳子さま(26)は、周囲にこう語っていたという。

 国民の反発をよそに、眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚への準備は、力業で進んでいる。

 9月27日の帰国を前に、フジテレビがニューヨークで小室さんを直撃した映像が流れた。長髪を無造作に束ねた小室さんが、質問を投げかける記者を無視して立ち去る様子は、視聴者に衝撃を与えた。


 皇族が通う学校として知られた学習院女子中・高等科の同窓会の役員を務めた女性は映像を見てこうつぶやいた。

「女性皇族のお相手となる方ならば、品位をもった行動を求められるはずです」

 だが、冒頭であげたように、そこに重きを置いていないご様子なのだ。

 2017年に眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見が行われた。実はその時期に佳子さまは、こう悔しそうに口にしていたという。

「どうして、(姉は、結婚について)何も相談してくれなかったのか」

 姉の結婚話にためらいつつも気持ちを整理していったのだろうか。

 2019年..
【日時】2021年12月12日 17:00
【ソース】AERA dot.
【関連掲示板】

【『悲報』眞子さま結婚問題で佳子さまが漏らした悲痛な声とは】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』眞子w小室圭との順風満帆の新婚生活ww

いいことやんかwww

NO.10023987 2021/11/29 12:45
眞子さん 小室圭さんとの笑顔でわかる「順風満帆の新婚生活」
眞子さん 小室圭さんとの笑顔でわかる「順風満帆の新婚生活」
11月中旬、小室圭さんと秋篠宮家の長女・眞子さんは移住したニューヨークの街中を2人で肩を並べて歩いた。英デイリーメール紙や「ポストセブン」がその姿をとらえている。

写真を見ると、圭さんはどこかを指差し何かを言っていて、その言葉に眞子さんは大笑いしているように見えるものもある。何と仲睦まじい光景だろう。日本では絶対に考えられないようなお二人の姿に驚いた人も少なくないはずだ。

またデイリーメールは、眞子さんが一人で買い物をする姿も写真に収めた。帰りには道に迷ったのか、周りの人に道を尋ね行ったり来たりしていた様子が撮られた。

買い物中は手にスマートフォンらしきものを持っていたが、外では地図アプリのナビゲーションなどを使わなかったのだろうか。人に聞くという昔ながらの方法で解決するあたりが、無垢なお嬢様という感じがする。

「元皇族ですから、日本一の“箱入り娘”といってもいいでしょう。日本では小室さんとのデート中ですら遠くには警備がついており、ましてや眞子さんお一人で歩いたことなどほとんどないはずです。


アメリカでも警備がつくのかと思われていましたが、誰も助けないところを見ると本当に一人で買い物をしていたのかもしれませんね。世間の反発を恐れ、税金を使うことを極端に嫌がっていましたから、眞子さんの意向で“もう放っておいて”というスタイルなのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

【日時】2021年11月29日 07:02
【ソース】FRIDAY

【『速報』眞子w小室圭との順風満帆の新婚生活ww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』眞子wニューヨークではじめてのおつかいでまさかwwww

可愛いやんかwwww

NO.10012444 2021/11/24 10:26
眞子さん、ニューヨークで「はじめてのおつかい」で迷子 翌日に小室さんとペアルックお出かけ
眞子さん、ニューヨークで「はじめてのおつかい」で迷子 翌日に小室さんとペアルックお出かけ
英大衆紙デイリー・メール電子版は日本時間23日までに、小室圭さん(30)と結婚して米ニューヨークで新婚生活を送っている眞子さん(30)の単身での買い物姿を撮影した写真や動画を記事とともに報じた。夫妻にとって、14日に到着したニューヨークでの初「パパラッチ」となる。

眞子さんはニューヨークでの「はじめてのおつかい」で迷子になっていた。

英王室報道で知られ、小室さん夫妻についても以前から報じてきた同紙によると、眞子さんは現地時間19日、小室さんと暮らすアパートのあるヘルズキッチンに所在する日用品チェーン「ベッド・バス&ビヨンド」を警護なしの単身で訪れ、約1時間半にわたってショッピング。自らカートを押し、白いバスタオルや50個入りハンガー、ペーパータオルなどを購入した。マスク姿で黒のトップスの上にダークグリーンのコートを羽織り、ロールアップしたジーンズというカジュアルな服装だった。コートとレザーシューズは渡米時と同じもの。街角を闊歩(かっぽ)する姿には、最高気温が10度を下回る晩秋のニューヨークの寒さに肩をすぼめる様子も見られた。

動画では、買い物を終えた後に大きなショッピングバッグを両手に抱え、不安そうな表情で辺りをキョロキョロと見回す様子もキャッチ。記事では「大都会で迷子になったようで、何人かに道を尋ねたり、何度も同じ場所を行ったり来たりしていた」と伝えている。午後6時になって小室さんが出迎えるアパートに到着した。

さらに翌日は、夫婦そろって仲むつまじい様子で近所のマンハッタンのブライアント公園へ向かう姿も激写..
【日時】2021年11月24日 06:00
【ソース】スポーツ報知

【『速報』眞子wニューヨークではじめてのおつかいでまさかwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『速報』佳子さま 眞子さん全力擁護、質問拒否も…


NO.9964829 2021/11/03 13:22
佳子さま 眞子さん全力擁護、質問拒否も…「開かれた皇室」と一線画す価値観
佳子さま 眞子さん全力擁護、質問拒否も…「開かれた皇室」と一線画す価値観
《小室圭さんが姉のことを大切に思ってくださっていることをありがたく感じています》

眞子さんの結婚に、妹の佳子さまもお祝いコメントを贈られた。秋篠宮邸での別れの挨拶では、報道陣が見守るなか眞子さんをハグ。さらに結婚会見の会場となったホテルに駆けつけ、体調不安のある眞子さんに寄り添われた。

姉妹の絆が感動を呼んだが、宮内庁関係者は秋篠宮ご夫妻との“温度差”が気になったという。

「佳子さまは《小室圭さんのご家族が、穏やかな日々を過ごせるように》と、小室さんの母・佳代さんへのメッセージまで綴られたのです。秋篠宮ご夫妻は、皇室と小室家が結びつけられないよう、儀式を取りやめ、お言葉にも気を使っていらしたのに……」

そんな自己主張の一方、“回答拒否”をされたこともある。大学卒業に際しての文書回答で、宮内記者会からの「(結婚の)お相手はいらっしゃいますか」との質問を、「このような事柄に関する質問は、今後も含めお答えするつもりはございません」と、きっぱり拒絶されたのだ。

言いたいことは言うけれど、プライバシーも守る――。

【日時】2021年11月03日 11:16
【ソース】女性自身
【関連掲示板】

【『速報』佳子さま 眞子さん全力擁護、質問拒否も…】の続きを読む

このページのトップヘ